探偵うんちく「シュール・リー製法」_六本木探偵バーANSWER

シュール・リー(surlie)製法

最近日本のワインに目覚めている上岡です。

ナイアガラの香りの良さ、日本で作れられるメルローの個性、マスカットベリーAのフレッシュさなど大好きで、興味が尽きません。

実際、現地に行ってみていろいろ飲んでみたいな・・・と思い先日勝沼に行ってきました。
勝沼のワインは、白が人気・・・ということで白を中心に試飲してきました。

勝沼といえば、甲州という品種が人気。
そして、この甲州は「シュール・リー」という製法で作られています。

シュール・リーというのは、ワインの製造過程において澱引きをしない方法です。しない、というと語弊がありますが、通常は発酵の後すぐに取り除く澱を、一定期間残しておくことで、澱に含まれる成分であるアミノ酸がワインの味に深みを与えるという方法です。

ちなみに、日本の基準では、5ヶ月以上澱と接触させておいたものでないとシュール・リーとは言えないという規定があるようですね。

なぜ甲州種にシュール・リー製法を?というのが疑問だったのですが甲州種でふつうにワインを作るとあまり個性のないワインになってしまうので、変化をつけ、辛口のワインにする個性を出すために取り入れられるようになったようです。

澱で深みを出すなんて・・・もし失敗したら苦くなり過ぎたり大変なことになったりしそうですが、お酒の醸造って科学と、ロマンだなあって思う今日この頃。

奥が深いですね。

「お酒コラム」に戻る。

お問い合わせ

探偵バーANSWER

東京都港区六本木6-8-8ゴーディビル2F

電話番号

03-5772-9554

営業時間

19:00~翌05:00

定休日

日、月、祝

商標について
お酒コラム
探偵のお酒コラム

お酒にまつわる熱い思いを
コラムにしたためました。

管理栄養士
探偵BARには管理栄養士が居ます!

ツイッター始めました。

お問い合わせQR
お得情報満載のメルマガ登録はこちら!
mag@bar-answer.com

探偵バー登録HP
食べログ  ぐるなび

探偵BAR ANSWER all rights reserved